NEWS

#1172022 03/31

#72 春の訪れ

あっという間に空が桜色に染まりはじめました。桜色は心やさしさを感じる色だと私は感じています。

この時期に目にするのがお花見です。日本特有のお花見文化は、自然を大切に思い愛でる心があるからこそだと思っています。もしくは、春爛漫の咲き乱れるその美観に見惚れてしまうためでしょうか。

残念ながらこの2〜3年は、桜の木の下で花を眺めながらお花見弁当を楽しむことができていませんが、自宅のテーブルを囲って親しい友人と小さなお花見会をしてみました。白いテーブルクロスをかけるとまわりをパッと明るくしますが、この日は春らしく昔作った少し薄いピンクベージュのクロスをかけてみました。

そして、全く下手ですが、桜色の和紙に小筆で春を詠み、春の訪れを楽しんでいます。正倉院宝物である筆の発祥時に作られた古代筆のレプリカを手に入れて、その筆ですべらせてみました。将来は招き入れる客人へ小筆で、その日の献立や季節の歌を詠むのが夢です。それまではもっと鍛錬しなきゃ!

カクテルナプキンやクロス、プレートで食卓に春を添えたり趣味で季節を楽しんで、自宅でもほんの少し春気分を。一人でも何だかフッと笑みがこぼれます。こうして穏やかな日々が続きますように。